食事メニューの改善や肥満度チェックで効率ダイエット

メニューの改善を計画している様子

ダイエットを始めようと決意して、いろいろな方法を試す方は非常に多いはずです。
その中で最も多いのが、運動を普段の生活に取り入れることではないでしょうか。
ジョギングやウォーキングを朝晩の空いた時間に行ってみたり、スポーツジムに行って筋力トレーニング器具を使っての運動や、プールで泳ぐことを日課にしている方もきっと多いでしょう。
ただしそれだけでダイエットをやるのは、非常に効率が悪いのです。

そもそも運動で消費するカロリーの量なんて、ほんのわずかに過ぎません。
例えばジョギングやウォーキングを1時間から2時間程度行ったとしても、消費するのはたった数百キロカロリー、たった食事1回程度の分量しかありません。
しかも高カロリーのおやつやデザートでもこれくらいのカロリーを含んでいるため、すぐに消費カロリー分を摂取してしまうのです。
必死に運動だけをしても、ダイエットにあまり意味が無いことはこれでお分かりでしょう。

だからこそ、普段の食事メニューを見直す必要があります。
毎食食べるお米の量をお茶碗半分にする、食後のデザートや3時のおやつは食べないなどメニュー改善を心がけることで、1日に500キロカロリー程度を減らすことは可能でしょう。
これを1か月続けるだけで15,000キロカロリー、体脂肪2キロ分に相当します。
これだけを1か月で消費できれば、体は見違えるように変わるでしょう。
メニュー管理はとても大切なのです。

少し前までは肥満度チェックをいろいろなサイトで行う方が多かったですが、今ではスマートフォンのアプリでも簡単にできるようになりました。
スマートフォンを使えば自宅はもちろん、家の外でもいつでも肥満度チェックができますし、スポーツジムなどでいつでもチェックできるようにしておきましょう。
肥満度チェックができるアプリは有料無料問わず多くリリースされているため、自分に合ったものを使って体重管理をしましょう。