夏よりも冬の方が痩せやすいってホント?

夏は痩せやすいシーズンで冬は太りやすいシーズンというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
しかし、実際には全く逆で冬の方が痩せるチャンスでもあります。

冬は気温が低くなり外気温は1桁台、或いはマイナスになることもあります。
人間の体温は平熱だと36度程度なので30度くらい外気温よりも高く保たなければなりません。
体温を高く保つために基礎代謝が高まります。
また、体温と外気温の差が激しい方が脂肪燃焼が起こりやすいとも言われています。

このように冬の方が痩せやすい理由がいくつもあるにも関わらず、何故冬は太りやすいと勘違いされるのかというと、それはイベントやお正月のお餅が関係しています。
冬になると年末年始のイベントでたくさんのものを食べる機会が増えます。
成人している方はお酒を飲む機会も増えます。
これによって太りやすくなってしまいます。

また、クリスマスシーズンになるとケーキを食べる方も多く、お正月にはお餅をたくさん食べるという方も珍しくありません。
そのような状況ではあるものの、外は寒いので外出を避けたくなりがちです。

これらの要因が重なり合うことで冬は太りやすいというイメージが付いてしまいました。
同じように過ごしているとカロリー消費の面では夏よりも冬に分がありますが、それ以上に動かなくなってしまうという方も多いです。

一方で夏になるとじっとしていても汗が出るので、なつは痩せやすいのではと考える方が増えました。
その点は間違いではありませんが、実際には暑さによる食欲減退などが強く関係しています。

冬に運動を行ったり、痩せるための少しの工夫を施したりすることで、夏以上のダイエット効果が期待できます。
動くのが嫌になりやすい冬ではありますが、そこを少し踏ん張って冬に様々な活動を行うことができれば痩せるための大きなチャンスにもなります。
暑い時よりも寒い中で運動を行うと、基礎代謝がプラスされ、効果を高めることができます。

人間は恒温動物のため一定の体温を保つ

生物は恒温動物と変温動物に分けることができます。
人間は体温を一定に保つことができる恒温動物に分類されます。
爬虫類は変温動物なので冬になると体温が下がってしまい、活動することが困難になります。

体温は非常に重要であり、ウイルスや菌に侵された時に体温が上がるのは抵抗力を高めるためです。
体温を上げることは非常に大きなカロリーを使用します。
参考までにいうと水1kgを1度上げるのに必要なのが1キロカロリーです。
人間の身体中の水分を一定に保つためには相当なカロリーが必要になります。
これが冬に痩せることができる大きな理由です。
ただ、流石に暖房の効いた部屋でゆっくり過ごしているだけでは冬の恩恵を受けられません。
可能であれば外に出て運動するのが効率的です。

しかし、冬になると外で運動するのは億劫だという方も多いです。
そこでお勧めなのがカイロを付けて歩くことです。
人間は運動をすると血液循環が活性化して体温が上がります。
寒い日に走るとだんだん温かくなって寒さを感じにくくなるのはこのためです。
そこで体にカイロを付けて温まっている状態を作り出します。
カイロを使って体温を上げるきっかけを作るということです。
カイロのようなもので体温を上げたとしても代謝は向上します。

カイロは体の一部をピンポイントで温められるので気になる脂肪のところに貼ると効果的です。
カイロを貼った状態で一駅分歩くだけでも消費カロリーはそれなりにあります。
お腹に貼ると胃腸の働きも正常化するので特にお勧めです。
冬になると闇雲にお腹が減ることがありますが、これは体がさむさに備えて脂肪を蓄えようとしている可能性が高く、食欲通りに食べてしまうとカロリーオーバーの恐れがあるので注意が必要です。