ダイエットにおける運動と食事のバランス

運動をしている女性

短期集中型のダイエットは、リバウンドしやすかったり身体に悪影響を及ぼすことがあるため、長期的に継続することが成功するためのポイントです。
ダイエットでは、1ヶ月に1キロから2キロ減を目標としたゆるやかなペースが理想的です。
成功させるためには、運動と食事のバランスが大切です。

消費エネルギーは、体重や運動量によっても異なりますが、ダイエットのためには、食事によるエネルギーの供給を抑え、運動による消費を行います。
脂肪は、運動をせずに食事だけで減らすことはできず、食事だけを減らしていると少ない筋肉の中や内臓にも脂肪がついていきます。
食事だけを減らし続けていると栄養失調を起こしたり、痩せていても下腹の出た体型になりやすいです。

引き締まった身体にするためには、汗をかく程度の軽い運動を長時間続け、内臓脂肪や皮下脂肪を減らしていきます。
適度な運動を続けることで筋肉の中の脂肪を少なくしていくことができます。
さらに循環器系や心肺機能の活性化にも繋がるため、健康な身体を維持することができます。

まず、食事は、3食をきちんと摂ります。
朝食は軽めや食べない人も多いですが、朝食と昼食をしっかりと食べ、夕食を軽く習慣が有効とされています。
夜をたっぷり食べるとエネルギーが十分となり余ったエネルギーが体内脂肪として蓄積されていきます。
運動では、ウォーキングやジョギング、水泳などの全身運動を長時間続けることが効果的です。
人間の筋肉は、おも過激な負荷のかかる運動を続けていると筋肉が太くたくましくなります。
反対に軽い負荷の運動を長時間続けていると筋肉は細く粘り強くなります。
ほとんど運動していない人は、ゆっくり40分歩くことから始め、徐々に運動量を増やしていきます。